Home≫会社情報/ごあいさつ・経営方針











 「おいしさ」は、生活を楽しく、人生を愉快にするものです。
 私たちは、「おいしさを通じて皆さまに貢献したい」、「食のある風景を豊かで広がりのあるものにしたい」と考え、創業以来七十年あまりにわたり、動物性たんぱく資源の高度利用による「おいしさ」を追求してまいりました。選び抜かれた原料を使用し、鮮度、品質を重視した商品づくりに努めております。
  特に、自社生産銘柄豚である「」においては、専用飼料の開発から飼育、処理加工に至るまで、一貫したシステムを築いており、宮崎県都城地区のグループ会社を含む3社(農場・と畜場・加工場)で食品安全マネジメントシステムの国際規格ISО22000:2005の認証を取得しています。
 また、「ハム・ソーセージ」として永年愛されてまいりました魚肉ハム・ソーセージは、近年のヘルシー志向を追い風に、新たな展開を目指しております。
 飼料事業では、良質かつ経済的な養魚用・畜産用飼料を生産者に安定供給することにより、日本の水・畜産業に幅広く貢献してまいりました。なかでも「育てる漁業」が定着した水産養殖業界からは、熱い期待が寄せられています。
 近年、消費者のニーズは大きく変化し、単に「廉価」で「良質」であるだけでなく、「健康」「文化」などの付加価値を持つ食品への需要が高まってきました。わが社は、これらのニーズにお応えできる総合食品メーカーとして、永年培ってきた技術力と一貫生産という強みを活かし、さらに「真心」という付加価値をプラスした商品づくりと販売に努めてまいります。



「売り手によし、買い手によし、世間によし、三方よし」を規範とし、飼料の生産から食品の販売まで取り扱う垂直型メーカーとして「安全・安心」で「良質」な製品を提供することを通じて、豊かな食文化の実現に貢献する。

この理念のもと・・・
 林兼産業グループは開発部門・生産部門・販売部門が三位一体となって提案型商品の開発と営業力の強化に取り組み、収益性を重視した企業経営を目指してまいります。
 また、「あなたとともに歩む林兼産業グループ」を合言葉に、株主満足、顧客満足および従業員満足の向上を図るとともに、地域社会への貢献や環境への配慮などの社会的責任を果たすことを目指してまいります。

Home≫会社情報/ごあいさつ・経営方針 ▲ TOPへ


お問い合わせサイトマップヘルプリンク English