林兼産業株式会社

水産・機能食品事業部 水産加工食品部 商品企画課 東野 恵 水産・機能食品事業部 水産加工食品部 商品企画課 東野 恵

水産・機能食品事業部
水産加工食品部
商品企画課
東野 恵

  • 看護栄養学部栄養学科卒業
  • 2016年入社

担当している仕事

介護食の開発を通して
お客様の笑顔に貢献

水産加工食品部では、「お客様に感動と驚き、そして笑顔を提供する」というビジョンを掲げ、近年ニーズが高まっている介護食などの商品を取り扱っています。その中で商品企画課は、介護食の新商品開発や販促資料の作成、営業活動のフォローなどの役割を担っています。私は病院・施設向けの「ソフトクレープ」というスイーツ製品を担当し、既存商品のリニューアルはもちろん、新しい味の試作や官能検査と呼ばれる製品の品質確認を行っています。病院や施設へ営業員と同行し、介護食の勉強会や当社商品「ソフミート」の使い方について、調理実習会を実施することもあります。こうした営業活動のフォローは、お客様の生の声が得られる貴重な機会にもなっています。

担当している仕事

印象的なエピソード

初めての異動で苦戦
お客様の「おいしい」が
やりがいに

入社して3年間は他部署で魚肉練製品の商品開発に携わってきました。2019年4月より今の部署に異動となり、それまでと全く異なる仕事内容に最初は戸惑うこともありました。担当している「ソフトクレープ」については、先輩方に教えていただきながら、新商品の開発に取り組んでいます。味だけでなく、甘さやクリームの固さの調整など、なかなか思い通りに仕上がらず、試行錯誤の毎日ですが、試食会などでお客様から「おいしい」という言葉を頂けた瞬間はとても嬉しく、それまでの苦労が吹き飛びます。まだまだわからないこともたくさんありますが、自らが開発した商品を少しでも早く世の中に送り出し、たくさんの人に“おいしい”をお届けできるよう、これからも努力していきたいと思います。

印象的なエピソード

今後の目標

先輩方を目標に、
日々新しい発見を探求

私が所属する商品企画課は現在4名の社員が在籍しており、私以外の3名は母親として子育てをしながら働いています。育児と仕事を両立させて、生き生きと働く姿は本当に素敵で、尊敬しています。私もいずれ家庭を持ったときには、先輩方のように家事・育児をしながら、仕事を続けていきたいです。また、自らのアイデアを新商品として形にし、多くの人に“おいしい”をお届けすることも目標のひとつです。そのためにも、普段から広くアンテナを張り、色々なことに好奇心を持つことで、アイデアの種となる「新しい発見」を探し求めていきたいと思います。

ある1日のスケジュール

08:30
出社、朝礼。毎朝部署の朝礼があり、そこで来客や皆さんの予定を共有しています。
09:00
この日は午後から病院へ訪問し、介護食の勉強会を実施するので、その準備をします。資料やパンフレットを用意したり、ソフミートの使い方を説明する際に簡単な実演を行うため、使用する調理器具などを準備したりします。
12:00
昼休み。社員食堂で同期と食べることが多いです。
13:00
車で訪問先へ移動。
14:00
勉強会実施。この日は、病院の栄養士さん、調理師さんにソフト食の説明と、ソフミートの使い方の紹介を試食も交えて行いました。
16:30
帰社後、勉強会で使用した備品の片付けや頂いた質問の整理をします。また、出張時の内容をまとめた報告書を作成します。
17:30
退社。帰宅後は家で料理を作って、ゆっくりと過ごすことが多いです。会社にお弁当を持参するので、その下準備もします。凝った料理はあまり作りませんが、自炊を心がけています。

趣味や休日の過ごし方

大学時代の友人や地元の友人と会うことが多いです。色々な場所へ出かけたり、一緒においしいご飯を食べたりすることでリフレッシュしています。最近では、佐賀へ旅行に行きました。チームラボのアート展を見て、呼子のおいしいイカを食べて、非常に楽しい時間を過ごすことができました。その他にはコーヒーが好きなので、家でコーヒーを飲みながらまったりと過ごすのも大好きです。

内容は取材当時のものです

そのほかの社員を見る